オルビスオフクリームにダブル洗顔が必要な理由と2つのポイントを解説

オルビスオフクリームの箱と容器コスメ・化粧品

オルビスオフクリームダブル洗顔をしなきゃいけないみたいだけど絶対に必要なの?オルビスオフクリームだけで済むならその方がいいなぁ。ダブル洗顔が必要な理由を教えてください。

このような疑問を解消します。

オルビスオフクリームはダブル洗顔が推奨されていますが、ぶっちゃけ面倒だし乾燥肌の人は摩擦や刺激が気になって抵抗があったりしますよね。

本記事では『オルビスオフクリームはなぜダブル洗顔が必要なのか』を詳しく解説しています。

この記事を読めばダブル洗顔の大切さが分かるようになりますよ!

オルビスオフクリームでダブル洗顔が必要な2つのポイント

洗顔をする女性

オルビスオフクリームでダブル洗顔が必要なのにはきちんと理由があります。

ここではダブル洗顔が必要な理由と、ダブル洗顔をするべき2つのポイントを解説します。

オルビスオフクリームでダブル洗顔が必要な理由

オルビスオフクリームでダブル洗顔をしなければいけないのはなぜなのでしょうか?

それはクレンジング剤と洗顔料では落とす汚れの性質が違い、同じ商品では落としきれず肌の負担も大きくなってしまうからです。

クレンジングと洗顔料で落とせる汚れと、それぞれの役割をしっかりと理解しておくことでダブル洗顔の重要性が分かるはずです。

ダブル洗顔をするべきポイント①:クレンジングで落とせる汚れと役割

クレンジング剤で落とすことができるのは油性の汚れで、メイクや日焼け止めなどの脂汚れ、毛穴に詰まった角栓や黒ずみになります。

メイク汚れは密着性の高い油性汚れなのでクレンジングでしか落とすことができません。

しっかり落としきれてないと毛穴が詰まって炎症が起こったり、肌荒れといった肌トラブルの原因になってしまいます。

ちなみにノーメイクでもクレンジングは使ったほうがいいです。

メイクや日焼け止め以外にも排気ガス・料理の際の食用油・化粧品(下地や保湿クリーム)なども油分が含まれた汚れになります。

普通に生活しているだけでも自分でも気付かない汚れが顔に付いているから、基本クレンジングはした方がいいと考えておきましょう。

ダブル洗顔をするべきポイント②:洗顔料で落とせる汚れと役割

洗顔料で落とすことができるのは、古くなった角質や余分な皮脂、ホコリや汗といった水性の汚れになります。

これらの汚れが残っていると、どんなにいいスキンケア化粧品を使っても十分な効果を得ることができません。

また、洗顔を怠って肌表面に汚れが付いたままだと雑菌が繁殖してニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

【結論】美肌を保つためにもダブル洗顔はするべき!

  • クレンジングで落とす汚れ…メイクや日焼け止め(油性の汚れ)
  • 洗顔料で落とす汚れ…古くなった角質や余分な皮脂、ホコリや汗(水性の汚れ)

クレンジングと洗顔料では、落とせる汚れが違うことを分かっていただけたと思います。

もしかしたらクレンジングをした後に、メイクがキレイに落ちて洗い上がりもいい、洗顔しなくても大丈夫!と感じることがあるかもしれません。

しかし表面上ではキレイになっているようでも、毛穴にしっかりと埋まった汚れまでは落とすことができていないのです。

美肌を保つためにはスキンケアも大事ですが、何より大事なのは顔の汚れをきちんと落として肌の土台を整えることです。

そのためにもダブル洗顔は必要不可欠なので、面倒でも毎日行うようにしましょう!

乾燥肌でダブル洗顔が不安…!乾燥を防ぐ方法を紹介

鏡を見て肌を確認する女性

オルビスオフクリームはダブル洗顔が必要なのは分かったけど、乾燥肌だとダブル洗顔の摩擦で肌トラブルが起きないか心配ですよね。

そのため、乾燥肌にはダブル洗顔不要のクレンジングの方がいいのでは?という疑問が沸くかもしれません。

ここでは乾燥肌でダブル洗顔不要のクレンジングを使うデメリットと、乾燥を防ぐケアについて解説します。

乾燥肌の人はダブル洗顔不要のクレンジングは使わないほうがいい

『乾燥肌にとってダブル洗顔は摩擦が増えてマイナス効果だから、ダブル洗顔不要のクレンジングの方がいい』

そう考えがちですが、実はそうとも言い切れません。

クレンジングと洗顔では落とす汚れが違うことは説明しましたが、それを同時に落とせるということは大量の界面活性剤が使用されている可能性が高いのです。

肌の摩擦は抑えることができますが、界面活性剤は刺激が強く肌への負担が大きいので必ずしもダブル洗顔不要のクレンジングがいいとは限らないんですね。

オルビスオフクリームはクレンジング剤の中でも界面活性剤の配合量が少ないクリームタイプです。
適度な油分を含んでいるので、肌との摩擦も少なくダメージを最小限に抑えられるので乾燥肌にもピッタリのクレンジングです。

乾燥肌の人は肌にやさしい洗顔料を使おう!

乾燥肌で洗顔料選びを間違えると、さらに乾燥を悪化させてしまうこともあります。

刺激が少ないアミノ酸系の洗浄料や、保湿成分が配合されている洗顔料を選ぶことが大事なポイントです。

保湿成分
  • グリセリン
  • スクワラン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン
アミノ酸系の洗浄料
  • ココイルグリシンK
  • ラウロイルメチルアラニンNa

これらの成分が配合されている洗顔料を選べば、洗顔時の肌へのダメージを最小限にすることができますよ!

乾燥肌におすすめの洗顔料を2つ紹介するので、オルビスオフクリームと一緒に使ってみてください。

花王 ソフィーナ乾燥肌のための美容液洗顔料クッション泡

余分な皮脂もしっかりと落として肌にうるおいも与えてくれる美容液洗顔料。
値段は少し高めだけど肌の油分や水分が不足しがちな人にはピッタリです。

ビオレ マシュマロホイップリッチモイスチャー

もっちりした泡が出てくるので泡立てる必要がなく、洗い上がりはしっとり。
プチプラなのでコストを抑えたい人におすすめです。

乾燥が酷い時は保湿ケアの徹底をする

正しい保湿ケアの順番
  • STEP①
    化粧水
  • STEP②
    美容液
  • STEP③
    乳液
  • STEP④
    クリーム

ダブル洗顔後(もしくは入浴後)はすぐに保湿ケアを行うようにしましょう。

化粧水や乳液はコットンを使うと、顔全体に均一に浸透させることができますよ。

ただし、コットンが刺激になるようであれば手のひらで直接なじませてもOKです。

化粧水~美容液で肌を十分に潤わせたら乳液・クリームでしっかりとフタをしましょう。

保湿感が足りないと感じたら重ね塗りをするなどして、常に肌がしっとりしている状態を保つことを心がけてください。

乾燥肌にはセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンが配合された保湿化粧品がおすすめです。

オルビスオフクリームにダブル洗顔が必要な理由:まとめ

スキンケアをする女性
  • クレンジング剤と洗顔料では落とす汚れの性質が違う
  • 同じ商品ではすべての汚れを落としきれず肌の負担も大きくなる
  • ダブル洗顔不要のクレンジングは刺激が強く肌への負担が大きい

オルビスオフクリームでダブル洗顔が必要なのは、このような理由があるからです。

面倒ではありますが、肌を悪化させないためにもしっかりとダブル洗顔を行い、その後のスキンケアもしっかりと行ってうるおい美肌を維持しましょう!

関連記事 オルビスオフクリームを使った私の口コミ!毛穴汚れへの効果を徹底レビュー

関連記事 オルビスオフクリームはマツエク対応か徹底解説!失敗しない使い方も紹介